第13回 ちいさなたび→せんだい にご参加の皆さまから

2014年11月22日(土)・23日(日)開催の母子週末保養プログラム
ちいさなたび→せんだい  へご参加いただいた皆さまから
プログラムへのご感想をお寄せいただきましたので掲載させていただきます。
ご感想をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございました。

icon-hanaicon-hanaicon-hana 

先日のちいたびでは本当にお世話になり、ありがとうございました。
娘達はビーズ遊びや餅つき大会、竹の棒で柿を取ったり藪の中で草にまみれてみたり、
見るもの、やること全てがスペシャルな二日間だったようです。
「竹に股がってぴょんぴょんしたら、ギシギシ音がした!」
「お外のステージでコンサートした!」(←あしびな裏のステージで一人なりきりコンサート?)
「ビーズで六つもブレスレット作った!」
子供達が自由に楽しく思い思いの遊びを楽しんでいて、本当に満たされたようです。
操先生のヨガも心身とも癒され、満たされ、母である私自身を整えることの大切さを
学ばせていただきました。先生のヨガ、是非また受けたいです。
美味しく体にやさしいお食事にも感激。
女性ならではの心遣い、気遣い、ステキですね。
「来週もちいたび、行く?」娘達に聞かれて、笑ってしまいましたが、私も同じ気持ちです。
また参加させていただける日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました。
皆さんによろしくお伝えください。

郡山市 Kさん

icon-hanaicon-hanaicon-hana 

大変お世話になりました。ご支援を頂いた皆様には本当に心から感謝いたします。
私自身が体調が良くなく参加を迷いましたが、行って本当に良かったです。
子供達も楽しかった様で沢山ご飯を食べてくれて、子供は正直ですね(笑)
特に次男は自然が大好きなので柿の木で遊んだ事が楽しく
将来農業やりたいと言っておりました。
ヨガも初めての体験だったので少し難しかったのですが、
身も心も浄化されまた福島で笑顔で楽しく過ごしたいと思わせてくれました。
沢山のパワーを頂いた2日間でした。出逢いに感謝です。
ありがとうございました!!

郡山市 Sさん

icon-hanaicon-hanaicon-hana 

カテゴリー: 参加者からの声 | 投稿日: | 投稿者:

ちいたび について

母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJapanでは、福島県内・宮城・岩手県南の地域に暮らしながら、放射線による影響を心配している母子(乳幼児)を対象に、母子双方の心身の保養を助ける目的とする週末保養プログラムの企画・開催をしています。