ちいさなたび→ピリカへご参加の皆さまから

2015年6月6日(土)・7日(日)開催の母子週末保養プログラム
ちいさなたび→ピリカ  へご参加いただいた皆さまから
プログラムへのご感想をお寄せいただきましたので掲載させていただきます。
ご感想をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございました。

icon-hanaicon-hanaicon-hana 

二日間、本当にお世話になりました。
子どもたちも、私自身も、すっかりリフレッシュすることができました!
明るくて優しいスタッフの皆さん。
震災後、皆それぞれの場所で色々な葛藤をしながらも、
前向きに生きているんだなぁと改めて実感しました。
ヨガで自分の体と向き合わせてもらって、美味しいお食事で
幸せな気持ちにさせてもらって、温泉につかって、夜はぐっすりでした。
子どもたちは、ビーズのブレスレット作りが本当に楽しかったようで、
材料を買って家に帰って早速また作っていました。
本当に楽しくて充実した保養をさせて頂きました!本当に感謝です!
スタッフの皆さん、ありがとうございました。
また是非参加させて頂きたいです。よろしくお願いいたします!

丸森町 Kさん

icon-hanaicon-hanaicon-hana 

ちいたびの一泊二日という短い時間ではありましたが、お天気にも恵まれ、
皆さんと一緒に楽しい時間を過ごすことが出来て、本当に嬉しかったです。
ピリカでのちいたび開催が、初☆ということだったのですが、全く気になりませんでしたし、
というより、私としては今回ピリカに参加できて、本当に嬉しく思います。
建物や空間、かざり、食事、人のオーラ、プログラム、他、一つ一つが優しくて丁寧で、
美しくて。とても癒されました。
原発事故以来、潔癖症のように放射能が気になってしまい、
外で子供達を伸び伸び遊ばせてあげる事が出来なくなってしまいました。
心が立ち止まったまま、身動きがとれない状態でした。
それではいけないと、除染されている場所ではOKというマイルールを設けて、
少しずつ前に進みだした所でしたが、なかば、諦めも入ってきちゃってました。
気を付ける事に少し疲れちゃったのかな、、。
でも今回、この時代にここに存在している、その事を、諦めるのではなく、
受け入れて、自分に出来る精一杯を前向きに行う。そんな風に考えを変える事が出来ました。
子供の達を守りたい、皆その気持ちは同じなんだな、と思ったら心強く感じました。
福島を、ダメな場所にするのは簡単ですが、福島が、ダメになれば、もしかしたら東京も、
日本もダメになるかもしれません。
復興っていうけど、現実は放射能があります。
それでも、福島を豊かなものにしていくのも大人の役目なのかな?と思いました。
私に出来る精一杯の事は、福島を建て直しつつも、密かに子供に保養させ、
放射能との距離はちゃんととる、排出する、栄養をとり、健やかな成長を願う事です。
今回、子供の頃を思い出しました。
何も考えずに、単純に思いっきり遊んで、、
ぷーんと食事の香りが漂うと、お腹が急にすいてきて、、。
暗くなってきたら、家に帰ってくる。感覚をオープンにさせていた子供の頃を
思い出しました。五感で感じて、とてもリラックスしていたあの頃。
でも、放射能は五感で感じられないですよね。だからリラックス出来ないのかしら。
五感で感じなくても存在する事に恐怖を覚えて、シャットダウンして
感覚を閉じてしまっていました。
そんな自分に気づきました。
もっと心も身体もオープンにしたいな、と思いましたし、
そのような感覚をオープンにする機会をいただいた事に感謝します。
御支援いただいた皆様、スタッフさん、関係者の皆様には、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

伊達市 Tさん

icon-hanaicon-hanaicon-hana 

今回は、小さなお子さんが多く、とても4家族とは思えない人数でした。
ピリカは、とてもアットホームな印象で、泊まらせていただいた、
みどりのお部屋もとても素敵な雰囲気でした。
子ども達がベットを取り合い、私は一人でのんびりとお布団で休むことが出来ました。
スタッフの皆さんの細やかな心遣いに、子ども達も自分のペースで楽しく遊んでいました。
娘は花冠が、息子はドッチボールが印象に残ったようです!
ビーズのブレスレット作りも、家族分を作り自慢げにプレゼントしてくれました。
私にとっては、みさお先生のヨガで自分の芯をとりもどす事が出来ました。
簡単な動きのはずなのに、どうしてこう変われるのか… 不思議で楽しかったです。
日々のメンテナンスが大切だと実感しました。
寝る前にしてもらったケアで、気持ちよく休むことが出来ました。
癒しと幸せな時間と空間をどうもありがとうございました。

福島市 Yさん

icon-hanaicon-hanaicon-hana

 

カテゴリー: 参加者からの声 | 投稿日: | 投稿者:

ちいたび について

母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJapanでは、福島県内・宮城・岩手県南の地域に暮らしながら、放射線による影響を心配している母子(乳幼児)を対象に、母子双方の心身の保養を助ける目的とする週末保養プログラムの企画・開催をしています。